来年は何年だろうかという事をいつも気にするわけではないが、干支で猫が入らないのは不思議だと思っている。
これは、逸話で先着順でついた順番でネズミがずる賢くてウシの上に乗って1番乗りをしたから、そして犬とサルが競走中にけんかして犬猿の仲になり、猫はネズミに騙されてその競争に出られず、その後は猫は必ずネズミを追いかけるって話がもとになっている、で納得・・・できるかそんな話じゃあってなもんである。
こういうのは大抵後付けで本当の理由ではあるまいし、どうも話が無理やり感でつくられているような気がする。どうしてその順番なのと聞かれてだれかが話た物語がこうなんじゃないかって感じがするのですね。本当のところはよくわからないが、思いつく動物名を順番に言っていたが、その時には猫が入っていなかったとする方が正解なのではと思う。そもそも古代中国に猫は存在したのかわからないし、たしかエジプト起源でもしかしたら干支が作られた時には猫は一般的じゃなかったという事も想像できる。キレイモ 回数制