一年を年末で区切ったり、年度末で区切ったりして、新たな目標を立てたりするのもよいでしょう。
しかし、そういうタイミングというのは、何となく過ごしても来てしまうものだし、いまいち肌の感覚としてリアリティーがないような気がします。
いつものことながら、「もう今年も終わっちゃうね」とか、そういう風にして簡単に流されてしまうものではないかと思います。
なので、私は自分の誕生日を区切りとして、いろいろな目標を立てたりすることが多いです。
「来年の誕生日までには、こんな自分になっている」とか、そういう未来の自分を想像したほうが、何となく現実味があるように思えたりします。
先日、手帳の整理をしていたときに、今年の自分の誕生日に考えた目標を見つけました。
しかし、誕生日からしばらく経つのに、あまり目標に対しての進捗が見られないことに、ちょっと危機感を感じています。
誕生日に立てた目標や予定というのは、「こういう自分になりたい」という具体的な姿です。
一歩でもそういう自分の理想の姿に近づけるように頑張りたいものですが、来年の誕生日までに間に合うでしょうか。キレイモ 初回 持ち物

債務整理というのはそれなりに知っている人も多いでしょう。例えば自己破産です。自己破産こそがなんといっても有名なものであり、これで債務がチャラになる、ということになります。そうした認識をしている人も多いのですがそれは確実ではないです。債務がチャラに出来ないタイプの借金もあるのからです。例えば投機です。問題になりつつあったのがFXなどです。これはレバレッジがそれこそ100倍とかで取引できていたので個人ではありえない金額の債務を負うことがあったわけです。それも過度に投機的な方法で儲けようとしたからであり、これは破産する、ということに関して認められない要素の一つになっています。ちなみに今ではFXはさすがに無制限的なレバレッジは禁止されており、国内では25倍になっています。債務整理というのは自己破産のみではないのですが、まず一番有名であることはそれなりに知っておく価値があるといえるのは確かでしょう。